スポンサーリンク

◆プライバシーポリシー

保険の優先順位について


保険を見直すときに、優先順位を決めるのが大事かもしれない。

例えば、子どもの学費を心配するなら、
金利の高い預貯金を利用する方法もあるわけで、
どうしても学資保険にはいらなければ、学費を払えないことはないはずだ。

その他には老後の蓄えに関しても、養老保険などの保険の他に、
様々な資産運用を利用して増やす方法もあるし、
保険以外で預貯金を積み立てるということもできる。
金利と最終的にもらえるお金を検討して、
保険にするか、他の資産運用方法にするか決めるといいはず。

そして保険があったほうがいいパターンは、
貯金では間に合わないような大きなケガや病気、入院治療など、
ダメージの大きい予測の難しい出費に対する保険だろう。

収入の柱である人が亡くなった場合、
貯金だけではその後の家族の生活を支えるのが難しい、
そういう場合も死亡保障のある保険があれば心強いし
実際に生活全般が助かると思う。

この感じで保険の優先順位は考えたらいいかなと思う。



posted by review at 13:27 | 保険について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定期保険と満期金付保険


保険には満期金がついている保険があるが、
これは保障にかかる保険金と、満期金用の積立金がプラスされた保険だそうだ。

だから「オトク」なのではなくて、積み立てしてるのと同じこと。
「養老保険」と「終身保険」がこのタイプ。

掛け捨てと言われるのが、
保障にかかるお金だけを支払う「定期保険」だ。

定期保険は契約期間内に万が一のことがあれば、
○○○万円受け取れる、という保険の形態。

何もなくて満期がきたら○○○万円の「満期金」が受け取れるという種類の保険が
「養老保険」「終身保険」ということだ。

「満期金」が受け取れる方がお得なのではなくて、
目的が違うので混同しないようにしたほうがいいみたい。

万が一の時の保障だけでいいなら、割り切ってそういう保険にすること。

積み立てがあった方がいいなら、
その分は払っていくという自覚をもって「養老保険」「終身保険」を選べばいい。

 
posted by review at 21:53 | 定期保険と満期金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。