スポンサーリンク

◆プライバシーポリシー

保険の「掛け捨て」とは何か


保険の掛け捨てという言葉をよく聞くが、
この「掛け捨て」とは何だろうか。

ちょっと分かりにくかったが、
保険というのは実は全部「掛け捨て」なのだそう。

その中で「積み立て型」と「掛け捨て型」があり、
積み立て型は本来掛け捨てなので返金されない保険料の一部が、
積立金になって、一定期間の後に返金される仕組みになったもの。

積み立て型は掛け捨てのお金の他に積立金を払ってるのと同じなので、
金額がたかくなってるということだ。

保険はいざというときに必要なお金が支払われるシステムだから、
契約期間内に何事もなければ、返金はないのが普通らしい。

だからわざわざ「積み立て型」として
若干のお金が返金されるシステムを作ったのかな。

だから掛け捨ての保険に入って、
定期積み立てを他の金融機関で行っても実は同じことのようだ。
金利に関しては各金融機関で違うから、
積立型保険と、他の金融機関の金利を比較したらいいと思う。

 

積立型保険って金利あるのあかな?

posted by review at 13:31 | 掛け捨てとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。