スポンサーリンク

◆プライバシーポリシー

外資系の保険会社


外資系の保険会社というのが、
日本とはどう違うのだろうか?

ライフプランナー、ファイナンシャルプランナーという
職種というか肩書きを広めたのは
外資系の保険会社ではないかと推測する。

日本は死亡保障のついた保険がかなり多いそうだ。
そして、販売方法は従来の生命保険の売り方とちがって、
説明を違った角度でして納得させるという方法らしい。

情報操作とかイメージ戦略、ブランド化など
保険会社にとって合理的な方法で営業してきて、
クライアントを取り込んで行く方法をとられるそうだ。

自分の意志がはっきりしてても、
上手い売り方だったら必要のないものまで買ってしまう、
それが一般の消費者だと思う。

洋服屋さんなどで、つい買っちゃった時と同じような心理が、
保険を選ぶときにも起きるといいます。

営業されてその気になったりしないように
ネットの資料などを集めて自分で判断するほうがいいかも?


タグ:保険会社
posted by review at 16:47 | 外資系の保険会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。