スポンサーリンク

◆プライバシーポリシー

保険が必要だった体験


保険が必要だった体験をCMで見かけることがある。
たしかに自分が癌になったとか、
家族が亡くなったときに保険があったら、という
体験談は非常に訴えかけるものだ。

何故か、自分の事のように感じないのだけど、
生命保険や癌保険に入ったほうがいいのかな〜と
漠然とした危機感をあおられるのも事実だ。

いったい自分がどんな死に方をするのか、
この先どんな病気にかかるのかが分かっていれば、
保険に入るか決めやすいのだけど、
人生って先が見えないようになっている。

保険金があって助かったという知り合いもいるので、
身近ではないとは言い切れない。

かといってその知り合いが自分も保険に入っているかというと、
そうではなくて、気ままに生きているのだ。

自分のリスクをどう考えるかで
保険の必要性の感じ方は変わるようだ。


タグ:体験 保険
posted by review at 18:49 | 保険が必要だった体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。