スポンサーリンク

◆プライバシーポリシー

死亡保障のある保険があったおかげで


死亡保障のある保険に入っていない家庭が増えているらしい。
子供さんが学校に通っている間は、
夫婦の死亡保障は解約しないほうがいいと思う。

実際の知り合いの話だが、一家の大黒柱だったお父さんが、
おそらく鬱病だったため、自殺された家庭がある。

お父さんが亡くなったとき、その家の息子さんは、
かなりお金のかかる専門学校に通っていたのだが、
死亡保障があったおかげで、学校を無事卒業できたし、
持ち家のローンも完済できたという話だ。

貯金がある家庭だったり、夫婦とも高収入だったり、
不労所得があるなど保険がなくてもいい家庭ならば必要ない。

マイホームを購入し定年近くまでローンを組んでいたり、
子供が2〜3人いて大学までの学費などを考えると、
万が一の死亡保障のある保険は必要だと言える。

万が一という状態を想像したくないから、想定しないのかもしれないし、
ただ今のお金が惜しいからかもしれない。
でも不慮の死は予測できないから慎重に考えて
入る保険を見直すのがいいと思う。



posted by review at 20:02 | 死亡保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。