スポンサーリンク

◆プライバシーポリシー

保険の広告を見極めよう


保険の広告もそうなのだが、
広告というのは全体的に「良い所」を強調が基本。

不動産広告だってそうだし、健康食品の広告だって同じ。

保険の広告で「病気があっても加入できる」とか、
「少ない保険金で一生涯の保障」と謳われている場合、
それが成り立つような仕組みがある。

その仕組みとは消費者ではなく、
保険会社が儲かっていく仕組みであるのは、
営利目的の企業なら当然とも言えるわけで・・・。

広告を作っていた自分自身の経験だと、
メリットをよりよく伝える工夫をしていた。
デメリットがあって、法的に表示しないといけない場合は
目立たないように、でも法に触れない程度に表記していた。

だから広告を見て「メリット」や良いイメージが
印象に残るのは当然といえる。

だから、保険を見直す場合も、
CMなどの印象やいいイメージに惑わされないよう、
きちんと勉強も刷る必要があると思う。

 

タグ:保険 広告
posted by review at 18:35 | 保険の広告は | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。