スポンサーリンク

◆プライバシーポリシー

貯蓄型の保険


貯蓄型の保険は、これからの老後の不安を軽減したいとか
貯蓄しつつ、死亡保障もとか考えると、入ってもいいかもしれない。

貯蓄型の保険の代表としては
「個人年金保険」「養老保険」がある。

払っている間に志望すると、遺族に死亡保障が、
満期まで払えば満期金or年金がもらえ、死亡保障はなくなる。

老後の安定を求めて入る事が多い。
今の年金制度に不安があるとか、自営業で国民年金だけでは足りない
と考えて加入する場合も多い。

保険料は掛け捨ての場合や保障のタイプがちがうので、
掛け金が高めに設定されていることが多い。

払い込む保険料の総額と、受け取る保険金を比べて、
貯蓄性の高いものを選ぶ方がいい。

よく聞く「◎◎特約」というものを付けると、
貯蓄性は低くなるらしいが、詳しくは各保険の条件を見て決める。

特約を付けるより、別契約が節約になる場合が多いそうだ。

 
posted by review at 17:44 | 保険と節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保険を見直すと節約に.


保険に入っているが、どんな内容か把握していないと、
金銭的にもったいない、と言う話を聞いた。

改めて考えると生命保険やその他の保険に入るとき、
会社関係のおつきあいや、掛け金の安さで決めていた。

約款があってきちんと読まなければ、と思いつつ、
難しい用語やわかりにくい言い回しのために、
万が一の時の内容を全て把握しているわけではない。

こういう状態では最悪の時、
保険に入っていたつもりでも、支払の基準を満たしてないとかで、
保険金を支払ってもらえないケースになってしまうかもれない。

特に病気やケガで入院したときにお世話になるであろう、
入院保険などに関してもっと把握しつつ、
見直す必要があると考える。

かといって保険の知識は無いに等しいので、
本などで情報を調べつつ、手続きをしたいと思う。
それが節約になるなら頑張ろうと思う。



 

posted by review at 17:57 | 保険と節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。