スポンサーリンク

◆プライバシーポリシー

保険の優先順位のつけ方


保険を見直すときは、その優先順位をまず決めるようにする。
それが一番の節約になるようだ。

一家の大黒柱の場合だったら、自分に万が一の場合に
家族が困らないように死亡保障のある保険を最初に考える。
その中で比較してコストパフォーマンスのいい保険を選ぶ。

次に考えるのが、癌や働けないほどの大病のための保険。
いざとなったら貯蓄だけで治療費を賄えない可能性がある場合に、
そこを保証してくれる保険があれば安心だ。

次に入院した場合の保険を考えるといいようだ。
そして一生保証の保険は、家族のためには必要ない。
会社員の方なら定年を迎える頃には
お子さんも成人している可能性が高い。

だから定年くらいまでの契約の保険で十分らしい。
終身保険だと月々の支払が高くなるということだ。

自分の老後のためには、別のカタチで貯蓄性の高い
他の保険を別に考えるようにする。
いわゆる保険の「特約」じゃないほうが節約になるようだ。

保険の優先順位を考えて自分にとって大事な保険から
優先的に考えるといいようだ。


 
posted by review at 20:17 | 保険について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グループ保険(団体保険)について


グループ保険というのは勤務先などの企業が
従業員用に独自に用意する団体保険と、
生命保険会社と企業が契約することで団体扱いで加入する保険がある。
企業の福利厚生の一つとして導入してるところも多いようだ。

加入するかどうかは強制ではなくて個人の意志だが、
保険料の割引があることから、節約を考えるなら
グループ保険は検討する価値があると思う。

「生命保険の「罠」』
という本には、プロの入る保険として
グループ保険と高利回りの「養老保険」が紹介されていた。

実際に保険に詳しい人が入っていると言うことで、
いろいろ特約などついていないシンプルな保険に
安い保険料を払うことで節約になるのがわかった。

企業に勤めているなら、節約のために
このグループ保険を利用するのはいいのではないだろうか。

 

posted by review at 17:07 | 保険について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保険の優先順位について


保険を見直すときに、優先順位を決めるのが大事かもしれない。

例えば、子どもの学費を心配するなら、
金利の高い預貯金を利用する方法もあるわけで、
どうしても学資保険にはいらなければ、学費を払えないことはないはずだ。

その他には老後の蓄えに関しても、養老保険などの保険の他に、
様々な資産運用を利用して増やす方法もあるし、
保険以外で預貯金を積み立てるということもできる。
金利と最終的にもらえるお金を検討して、
保険にするか、他の資産運用方法にするか決めるといいはず。

そして保険があったほうがいいパターンは、
貯金では間に合わないような大きなケガや病気、入院治療など、
ダメージの大きい予測の難しい出費に対する保険だろう。

収入の柱である人が亡くなった場合、
貯金だけではその後の家族の生活を支えるのが難しい、
そういう場合も死亡保障のある保険があれば心強いし
実際に生活全般が助かると思う。

この感じで保険の優先順位は考えたらいいかなと思う。



posted by review at 13:27 | 保険について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。